女性の薄毛は夏に対策が必要

女性の薄毛は夏の季節に対策が必要

女性の悩む薄毛には、抜け毛が多くなり薄毛になりやすい時期と季節があります。女性の抜け毛と季節の関係は、当然のように気象環境に大きく関係しています。

 

抜け毛の多くなる時期は、男性も女性も秋に多く抜けるようです。これは、季節が暑い時期から寒い時期に変わるために起こるのではありません。

 

よく髪の抜ける状態を、落葉樹にたとえて枯れ葉のように髪が抜ける状態をイメージさせますが、全くこれは髪の抜け毛とは関係ありません。髪が秋の季節に抜けやすいことは、その前の夏の季節に影響されるからです。

 

夏の時期がなぜ抜け毛の原因になるかといいますと、夏の暑い時期に頭皮はダメージを強く受けているからです。夏の時期はたくさんの汗をかき、頭皮も汚れやすく、これに加え頭皮からの皮脂の分泌も増え、頭皮の毛穴を詰まらせやすい状態になっています。

 

毎日シャンプーで清潔にしていても、シャンプーで取ることのできなかった汚れが、毛穴を詰まらせ髪の成長に影響します。そして、夏を経て秋の時期にその影響が出て抜け毛が多くなり、薄毛になると言うことです。

強い紫外線の影響も

夏場の頭皮のダメージは、汗や頭皮の皮脂による影響だけでなく、強い紫外線の影響も考えられます。

 

紫外線は頭皮にい強いダメージを与えます。紫外線の影響は頭皮に強いダメージを与え、髪の成長の妨げになります。夏の暑い紫外線の強いときは、帽子や日傘などで、紫外線対策をして外出することが、薄毛の予防になります。

 

また、頭を体温で蒸らさないようにすることも、薄毛の予防対策です。

冷房の冷気

夏の暑い環境での薄毛の対策は、冷房の冷気に対しても対策が必要です。オフィスなど冷房のよく聞いた室内では、お性は特に頭皮が冷え性をお起こしていることがあります。

 

自覚症状はありませんので、知らずに頭を冷やしていることがあります。頭皮を冷やすと血流を悪くして、抜け毛の原因になり、薄毛に進行することが考えられます。

 

秋に発症する薄毛の対策は、夏の時期に対策を講じなければなりません。

女性の薄毛は夏に対策が必要 関連記事 エントリー