女性 薄毛 対策 治療

女性の薄毛にはカツラでファッション性を高める

カツラの利用は、女性にとってはおしゃれとして楽しむことができます。
薄毛に悩む女性の方なら、髪のボリュームの少ないところに、ウィッグを使い違った髪型のファッションを楽しむことができます。

最もカツラに対して抵抗かあるのは、男性の方でしょう。

カツラには薄毛に悩む女性の方が使う他に、医療用として、抗がん剤の副作用で抜け落ちた髪の代わりに使う方もおられます。
このようにかつらの使う目的も様々なであります。


女性用のカツラにはいろいろな種類があり、フルウィッグ、ヘアピース、エクステションです。
フルウィッグは髪全体に被るカツラで、ヘアピースは部分的なアクセントに使うカツラです。
エクステションは部分的なものですが、これは付け毛になります。

カツラには使い方によっても種類があり、フルウィッグのようにすっぽりと被り、カツラの裏側がネットになっているネットタイプや、留め金がついていて髪と留めるピンタイプや、頭皮に直接貼り付けるタイプで、これは逃避に薬剤を塗りこれが接着剤の役割をして使う、地肌装着型タイプがあります。


また、髪の質により人毛を使ったカツラや、人工的にカラーや髪質を作った人工毛のファッションで楽しむカツラがあります。


女性が薄毛の症状で悩まれても、このようなカツラを使うことで、ファッションを楽しむこともできます。

しかし、カツラで問題になることはカツラの価格です。
カツラの価格はとても高価なもので、通常の既製品のカツラでも10万円から20万円かかります。

これを自分用にオーダーで作った場合には、40万円から60万円ととても高価なものになります。
さらにカツラには耐用年数があり、それほど長くは持たず2年から3年で買い換えなければなりません。

いつもカツラを付けているのであれば、高額なカツラは使えないでしょう。


自生にとってカツラはファッションとしても楽しむことができますが、高価なものであることは確かです。

女性の薄毛にはカツラでファッション性を高める 関連記事 エントリー