女性 出産 薄毛 対策 治療

女性特有の薄毛の症状を引き起こす原因があります。
それは妊娠と出産です。
妊娠中の女性に比較的多くみられる症状ですが、これは出産後もしばらくの間、薄毛の症状が残ります。

 

この女性特有の薄毛の症状は、「分娩後脱毛症」といいます。

 

この症状は比較的に多いと申しましたが、妊娠をしている妊婦さんの6割に当たる方がこの症状を現します。

 

 

「分娩後脱毛症」が起こる原因はどのようなことが関係しているのでしょうか。

 

妊娠中は赤ちゃんに栄養分をたくさん送りますので、十分な整った栄養を取らないと、身体の栄養バランスが崩れてしまいます。
また、女性ホルモンがたくさん分泌されるので、ホルモンバランスも崩れてきます。

 

このような身体の状態が原因で薄毛になると考えられています。
薄毛の状態はその後もずっと継続するのではなく、ある程度すれば元に戻ってきます。

 

妊娠後期の出産直前になると女性ホルモンの分泌量がピークになり、薄毛の症状は一時的に改善されます。

 

しかし、出産後に再びホルモンバランスが元にも踊り、男性ホルモンの作用で薄毛の症状が現れます。出産後しばらく薄毛の状態が続くことになります。
この症状はおよそ1年間から一年半ほど続きますが、自然に改善されていき、再び元に戻ります。

 

 

多くの女性は、この妊娠期間や出産後の精神の不安定なときに、薄毛の症状が現れるのでとても心配する方がおられます。
また、脱毛してしまうのではないかと心配して、このことがストレスになる方もあられます。

 

しかしこの場合の薄毛の症状は、時間が経てば改善される症状なので、心配することはありません。

 

 

出産に伴う薄毛の症状で少し注意が必要なことは、最近多くなった高齢出産の場合です。
高齢出産の場合、妊婦の体力が衰弱している場合があり、高齢であることも相まって、薄毛の症状が元のように改善しない場合も考えられます。

女性の出産による薄毛 関連記事 エントリー