女性 薄毛 対策 治療

薄毛予防は運動を毎日行うこと

髪の薄毛に関係していることでは、女性の方が不足がちな運動があります。
日常の生活の家事や仕事に時間を費やすために、つい運動を行わない方は多いのではと思います。

運動不足は身体の血流を悪くするだけでなく、生活習慣病を助長し、肥満を招くことにも影響します。

薄毛との関係は、血流を悪くすることで血行不良になり、これは頭皮にも起こり発毛の妨げになります。
すると抜け毛が多くなり薄毛へとなっていきます。

更に運動不足は、心臓への機能低下を招き、心肺機能が低下して基礎代謝が低下する恐れがあります。
これは、心配機能が低下することで心臓の臓器そのものが小さくなり、酸素の供給量が少なくなることで、身体の機能に障害が現れます。

酸素の供給量が減少することで、脳の機能にも障害が起こる可能性もあります。
脳への血流も減少し、毛髪の栄養が不足の状態になります。

脳への栄養の供給不足は深刻な状況を招くことにもなりますので、適度な運動は出来る限り行うように心掛けましょう。


運動不足を解消し、薄毛の改善を考えて効果的な方法は、有酸素運動が最も効果的と考えられます。
有酸素運動とはどのようなものでしょうか。
有酸素運動は、体内に溜まった脂肪を燃焼させることで肥満の改善が行われ、体内機能の基本になる新陳代謝を促進し、更に血行をよくしますので、さまざまな機能回復になります。


最も手軽に始められ、毎日続けて行うことのできるものでは、ジョギングです。
最近はジョギングがブームになっていて、公園や河川敷を走る方をよく見かけるようになりました。
また、ジョギングのファッションもおしゃれにかわいいものも増えて、ジョギングが楽しめるようになりました。

ジョギングが良いところは、ジョギングでかいた汗の中には、薄毛の原因となる活性型男性ホルモンの排出が行われます。

また、血行を得することで基礎代謝が改善されます。

ジョギングの他にはスイミングもよく、心配機能を高めるには最も効果的に改善できます。


これらの運動を、軽いメニューから始めて、ストレスにならない程度の気持ちで毎日続けることが大切です。

薄毛予防は運動を毎日行うこと 関連記事 エントリー