女性 薄毛 対策 治療

シャンプーの正しい仕方で薄毛の予防

女性の薄毛になる原因に最も関係していることでは、毎日のシャンプーが考えられます。
毎日行うシャンプーについて、シャンプーの仕方などを考えています。

シャンプーは髪の汚れを落としてくれると考えている方も多いでしょう。
しかし、かもの汚れだけであれば、入浴時に、お湯で流すだけで8割ほどは落とすことができます。

しかし、頭皮の汚れを落とすにはシャンプーが必要にになります。

頭皮の毛穴には、皮脂の脂分や汗などの汚れが溜まり、これは細菌の繁殖を助長させ、更には頭皮医の皮膚炎を起こすことにもなります。

また、頭皮が炎症を起こさなくても、毛穴が詰まることで髪の成長の妨げになります。

このような状態が続くと、髪の毛を作るも毛根細胞にも悪い影響を与えることになります。
このことを考えると、薄毛にならないためにもシャンプーは大切なことになります。


シャンプーの仕方には、いろいろ注意することがあります。これについて考えてみます。

シャンプーをはじめる前に、髪の毛を濡らしてブラッシングすることが大切です。

髪を濡らしてから、シャンプーを行いますが、強く髪を洗うと頭皮の汚れが落ちると、間違った考えをしてる方が多いようです。

シャンプーは両手の指を使って、頭皮をマッサージするように洗います。
髪を洗うときに爪を立てては、頭皮を傷つけるだけでなく、髪の毛のキューティクルを失うことにもなります。

頭皮をマッサージするように洗うことで、頭皮の血行を良くして、薄毛の対策にもなります。


シャンプーで一番大切なことは、洗髪後のすすぎです。
洗髪したときのシャンプーの泡を、十分すぎるぐらいにすすぎをして、完全に洗い落とします。

これは、シャンプーの泡が頭皮に残っていると、さまざまな頭皮のトラブルの原因にもなり、薄毛の原因にもなります。

また、髪のケアで行うリンスは、できるだけ頭皮にはつかないように、髪の毛だけに行うようにします。
そして、リンスも十分にすすぎ洗い流します。


以上のことに注意してシャンプーを行いましょう。

シャンプーの正しい仕方で薄毛の予防 関連記事 エントリー