女性 薄毛 対策 治療

女性にとっての肥満は薄毛の原因にもなる

薄毛に悩む女性には、肥満で悩む女性が多いのも事実です。
特に30歳代の女性に薄毛と肥満に悩む女性が多くみられる傾向があります。

肥満の方に多い薄毛は、髪の分け目などの部分的に薄毛になる場合でなく、髪全体に薄毛が日路がうケースが多くみられます。

この薄毛の症状は徐々に進行しますので、薄毛に気付くまでにかなり進行している場合が多く、初期の段階で改善することが難しいことがあります。


女性の方が肥満であるかどうかについて、これを判断する基準は体脂肪率が参考になります。
この体脂肪率は、女性の場合18%が標準的な体脂肪率になり、これが30%以上になると肥満に分類されます。

体脂肪率の18%は、一見太っているような感じの方でも肥満でないことがあり、また、逆にそれほど太っては見えないが肥満に分類される場合もあります。

肥満であるか自分の体脂肪率を計り、自分の身体の状態を知りましょう。


肥満は薄毛になりやすいのはどうしてかというと、肥満がさまざまな疾患の原因にもなり、これと関係があることです。

肥満が引き起こす疾患には、高血圧や心臓病、糖尿病など生活習慣病といわれる病気や、成人病のリスクも高くなります。

肥満が直接薄毛につながるのではなく、肥満と薄毛の間には生活習慣簿湯のような疾患があります。
また、疾患が発症しなくてもこれらの発症リスクが高い状態にあります。

肥満は薄毛を招くだけでなく、生活習慣病のような疾患にかかりりすくなるリスクが高いことも理解しましょう。


また、肥満に対して深刻に考えすぎることは、これがストレスの原因になり、抜け毛の増加や薄毛になる可能性があります。


体脂肪率が高い方は、軽いメニューで毎日続けられる運動から始めましょう。

女性にとっての肥満は薄毛の原因にもなる 関連記事 エントリー