女性 薄毛 対策 治療

日常の食生活が薄毛の原因

女性が薄毛になる原因は、日常の食生活が考えられます。
特に肉類が多い食事が中心の方には、薄毛になる可能性が高いと考えられています。

食事が手軽に食べられるようになり、外食やファストフード、コンビニのお弁当やお惣菜と、栄養が偏りがちな食事が中心になっていないでしょうか。

栄養バランスの崩れた、偏食の食事が日常的になると、薄毛の原因になるだけでなく、健康面においても良い事はありません。

若い方ですと特に、肉類が中心の食事になりがちでしょう。
これは、動物性タンパク質の取り過ぎに注意が必要になります。
動物性タンパク質は身体をお動かすエネルーギー源として、とてお大切な栄養素ですが、こればかりに偏っては栄養バランスが崩れ、コレステロールも多くなり薄毛の原因になります。


そもそも日本人の身体は、米、芋、野菜を中心に食事をしてきてタンパク源として魚をよく食べてきました。
つまり和食中心の農耕を行う民族でしたので、このような食事が日本人には一番合っています。

しかし現代の食事は、さまざまな食事が楽しめて、食生活自体が変化しています。
お米のご飯を主食にしてきた日本古来の食事のスタイルは、欧米人のような食事のスタイルに変わってきています。

日本人には、日本食が一番よく適応していて、これはさまざまな検証や日本人の身体のつくりからも実証されています。

日本食は保存食としての食材が多く、これには味噌や醤油、塩がよく使われています。
この為に、日本食で注意が必要なことは、塩分の摂りすぎに気を付けなければならないことです。

塩分の摂りすぎは動脈硬化を招き、高血圧を起こします。
これは、身体の老化を早めるほか、毛細血管の血流を悪くさせ、毛髪の成長の妨げになります。


薄毛の予防には日常の食生活が大きく影響していて、栄養バランスの取れた偏食のない食事が好ましい食事です。

日常の食生活が薄毛の原因 関連記事 エントリー